国内・外国特許出願・申請と商標登録の東京都新宿の国際特許事務所、電気・電子・光学・ソフトウェアに強い弁理士

意匠登録出願

意匠登録出願のすすめ

さて、意匠登録とは(いしょうとうろく)どういうものでしょうか?
創作物を外観でとらえたものと言いますが、特許との区分けが
分かりにくいというのが一般的だと思われます。

意匠権は、独占権という効果は特許権とそのまま同じで、
特許庁の審査が早く、審査費用も格段に安く、当所の代理費用も安い権利です。
また、審査も厳しくなく、出願したら大半はそのまま登録となります。
出願登録まで、代理費用・印紙代込みで15万円以内で収まります。
特許はもちろん、実用新案より、意匠登録の方が安上がりです。

基本的には、物の形があるものは意匠登録が可能です。
言い換えれば、実用新案登録可能なものは意匠登録可能です。
ソフトウェアについては特許でしか保護できませんが、
それ以外の製品は、特許と意匠と、いずれでも権利取得できます。

製品ができたら、製品の六面図又は六面写真を特許庁に登録
しておけば、見た目の似た模倣品は権利侵害になるのです。
デッドコピー対策に強力であると言えるでしょう。

特許は自信ないけど、実用新案登録なら、、、というお客様が
いらっしゃいますが、実用新案は特許と違って費用の無駄
なので、基本的には意匠登録にすることをお勧めしています。
特許にする自信がないようでしたら、実用新案ではなく意匠です。
登録まで1年以内ですし、実用新案と違って登録から直ちに効力があります。

意匠登録とは、図面又は写真の六面図を用意することで権利取得できます。
特許は、発明の対象を言葉で表現することが必要となります。

権利としてどう違うのか?については、言葉で表現される権利と、
視覚的に表現される権利の違い、と区別することが可能です。
言葉にしてしまうと同じようなものになるけど、
見れば違いは明らか、というものは意匠登録の方がよさそうです。

弁理士への依頼内容としては、特許か商標、をまず考えられる方が
大半だということで意匠のページはしばらく作成していませんでしたが、
当所では意匠登録出願も取り扱っております。

ただ、実際のところ、意匠登録は認知度が低いので、
意匠登録を取得したいですと依頼をされることは少ないです。
依頼内容をお聞きして、意匠登録をお勧めしてはじめて
意匠登録のご依頼となっています。

詳しくはお問い合わせ下さい。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional