相談無料、ビジネスモデル特許出願、申請を弁理士が提供する東京の国際特許事務所

ビジネスモデル特許の費用・料金

ビジネスモデル特許の費用・料金

事前調査費用特許出願費用審査請求費用審査対応費用登録費用
5.4万円約30万円約15万円約10万円約10万円

ビジネスモデル・アプリの特許につきまして、ご依頼の際には、
・処理のフローチャート
・処理の結果及び過程での表示画面
・発明の概要を説明する文章
を必ずご用意していただくようお願い申し上げます。

面談での口頭説明のみでのご依頼は、
特許取得に必要な内容が不足しますので、
書面に十分にまとめた上でのご依頼をお願い致します。

詳細は「国内特許出願」「特許取得の費用」をご覧ください。

ビジネスモデル特許取得に必要なこと

ビジネスモデル特許については、特許庁でも簡単な説明があります。

ビジネスモデル特許とは、ビジネスの仕組みに関する特許
ではありません。ここは誤解の多いところです。
ソフトウェア発明のうち、技術的な部分というよりも、
ビジネス的なアイデアに特徴がみられるものをいいます。
あくまでソフトウェア技術の特許です。

そして、ソフトウェア、ネットワーク、インターネットを介して
実現されるものがビジネスモデル特許の対象となります。
典型的なものはECサイトの特許等が挙げられます。

ですが、アイデア自体が特許の対象になるかも、ということで
特許申請する場合、そのひらめきだけでは特許としては不十分です。
ビジネスモデル特許に限らず、特許申請に一番大事なことは、
発明の構成、仕組みを細かく掘り下げておくことです。
 →初心者でも特許をとれる方法
 →特許の取り方、書き方
メカとか明らかに構造的なものはあえて認識しなくても掘り下げが
重要であることは明らかなのですが、これがソフトウェア特許に
なってしまうとアイデアが先行してしまって発明の構成、
という考え方が抜け落ちがちになってしまいます。
ましてビジネスモデル特許となると、何と何と何でできている、
という考え方にはなりにくいかなと思います。

したがって月並みなのですが、アイデアをきちんと
掘り下げておくということが一番大事です。
アイデアをちょっとひらめいたからそれだけで十分、
というものではありません。そのアイデアをどう実現していくか、
ある程度細かいところまで決めておくことが大事です。
言い換えるとどういう実装にしていくか、
というのが近いかもしれません。ご相談いただければお答え致します。

ビジネスモデルを具体化するソフトウェアの基本設計が
少なくとも頭の中ではある程度固まっていなくてはなりません。
文章や図面まで書かれているのが望ましいですが、
書こうと思えばかけるくらいまで仕様を固めておく方が
有効な特許になる可能性が高まります。

といってもあまりピンとこないと思うので、
ある程度製品を作ってしまうのが一番手っ取り早いと思います。
その中でいろんなアイデアが出てくると思いますので、
特に重要な要素について特許出願するというのが良いと思います。

その上で、弁理士がビジネスモデル特許固有の特徴的な文章
を構築していきます。つまり、あくまでソフトウェア技術として
特許取得するのであるから、弁理士がソフトウェア技術としての
文脈に沿って文章を構築するということです。
そこは審査官とのあうんの呼吸になる表現方法があるので、
弁理士がうまく適合させて、特許になりやすいように導いていきます。
ご相談は無料ですので、ご遠慮なくご連絡ください。

ビジネスモデル特許とは

ビジネスモデル特許とは何かというと、ソフトウェア特許のうち、
ビジネス的要素の特に強いものが対象となります。
90年代に米国のState street bank事件にて、電子商取引の特許について
訴訟事件となってから1つの分野として広がりましたが
ビジネスモデル特許とは、この系譜のものが主流となります。
純粋に技術的というよりも、ビジネス要素に重みがあるものが
ビジネスモデル特許に分類されているようです。
例えばECサイトの特許等もこの分類に入ると考えられます。
なので、ソフトウェア特許を得意とする弁理士の分野となります。
ビジネス方法、ビジネスアイデア、ビジネスプランの特許
という言われ方もあるようですが、
ソフトウェア特許であるということをまず留意いただければと思います。

当所の弁理士は長い間このようなソフトウェア特許の案件を
取り扱ってきました。ソフトウェア特許の中でも、技術的要素の
強い案件とビジネス要素の強い案件の境目も少なくなってきています。
ビジネスモデル特許の特許査定率自体も、一時期の急降下を
考えるとかなり回復してきてはいますが、技術的要素を
強調することにより、審査官としては特許査定しやすくなります。
こうした工夫も含めた出願書類作成および審査対応のテクニック
という観点でも、当所は適切に対応いたします。

そして、比較的難関な案件でも40万円程度で対応いたしますので、
ご遠慮なくお問い合わせください。相談は無料です。
特許取得の費用」「国内特許出願」という別記事にも
料金の目安については記述しています。
ビジネスモデル特許の申請費用を30%削減」もご覧ください。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional