国内・外国特許出願・申請と商標登録の東京都新宿の国際特許事務所、電気・電子・光学・ソフトウェアに強い弁理士

商標登録の費用中約4-5万円は特許庁が持ってく

商標登録の費用中約4-5万円は特許庁が持ってく

商標登録をしようと思ったとき、気になるのが予算。費用です。
やはり安くおさえたいというのは人情、というか都合があります。

調べていくと、うちは格安、あちらは激安と、どれがいいのか
分からなくなります。大体そこは信用してよいのかどうか。
梅澤国際特許事務所はその点信用できます。ご安心ください。

さて、費用については、単純に安ければそれでよいということ
でもないと思いますが、じゃあどこまで出せるかです。
最低限必要なのが、

1区分の場合、出願段階で1.2万円、登録段階で3.76万円、
特許庁の費用、印紙代となります(存続期間10年の場合)。
存続期間5年の場合は、登録段階2.19万円となります。

2区分で出す方が多いと思うので、この場合は
出願段階で2.04万円、登録段階で7.52万円です。

つまり1区分で約5万円、2区分で約9.5万円となります。
区分数×5万円で計算するとよいと思います。
この金額を特許庁は必ず持っていきます

自分で提出してもこれくらい費用がかかってしまう中で
どれくらい弁理士に費用を出すかとなると、
1区分あたり10万円を弁理士費用は確かに出せないかな
と思われます。昔の弁理士会の料金表はそのくらいでしたし、
大手や老舗の事務所はそのくらいの料金を今も取ると思います。

ただ梅澤国際特許事務所をはじめ、インターネットで見つかるような
安いとこだと特許庁がとる印紙代との兼ね合いでは弁理士費用は
そこまで相対的に高いわけではありません。
何か起こった時の保険、という兼ね合いの範囲かと思います。

その点梅澤国際特許事務所では、「商標出願業務」に記載の通り、
妥当な料金設定をしておりますので、お気軽にご相談ください。

→ 特許商標の無料相談お問い合わせ

メルマガ登録

メールマガジン
「特許・商標についてのちょっとした話とアドバイス」
を発行しています。(→詳しい説明は「メルマガ登録」)
知的財産に関する役に立てばよいなという情報を
順次配信していきますので、よかったら登録をお願いします。

お名前 メールアドレス

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional