海外商標登録・外国出願のマドリッドプロトコル(マドプロ)対応の弁理士・国際特許事務所に無料相談、格安費用

FrontPage

外国・海外の商標登録のご相談はこちら。相談無料

「外国で模倣品被害が出た。又はそのおそれがある」
「海外展開に際して、現地で商標権の確保が求められた」

・計画的に対応するのが良いですが、突発的に対応が必要になる
 ことが多いと思います。お気軽にご相談ください。相談無料です。
・費用感については手続きによって以下の通りとなりますが、
 分かりにくいこともあるかと思いますので、お気軽にご相談ください。
・丁寧かつ十分に説明したうえで、迅速に手続き致します。

外国商標登録の料金について

[check]台湾・香港・東南アジア等、通常の商標登録 
マドリッドプロトコルを経由しない場合です。詳細は、

東南アジアの商標登録まとめ
台湾商標・香港商標・中国商標の直接出願
インドネシア・シンガポール・マレーシアの商標登録出願
現地費用(庁料金込)6万円のタイ商標登録」を参照ください。

2か国まででしたら、各国に個別に出願する方が費用は安くなります。
→ マドプロでは外国商標登録が割高になる場合

直接出願とは、マドプロに対して対比した表現で、マドプロの場合、
日本の特許庁及び国際事務局を経由して各国に商標登録します。
そのような中継地を経ない直接の出願登録という意味です。

[check]マドリッドプロトコル経由の場合 → 国数が多い場合
1国、1区分の場合、当所手数料は9万円となります。
国数、区分数が増えた時の内訳は下に記載しています。
その他、各国官庁手数料(13万円~)が発生します。

[check]国内の商標登録出願も、もちろんお取扱いしております。

外国商標登録の手順と方法、商標調査について

マドプロでも国ごとの直接の商標登録出願でも、
現地代理人を通すか通さないかの違いでしかありませんので、
ご依頼後の手順としては大まかには同じです。
お手数をおかけする部分としては、現地への直接出願の場合、
多くの国ではサイン書面が必要となりますので、
お送りする書類へのサインをお願いすることになります。

また、商標登録出願をする前に、事前調査というプロセスがあります。
弊所の場合、各国特許庁のデータベースにアクセスし、登録状況を
簡易調査して無料でご報告いたします。
(タイなどアクセス権限のない国ではサーチできません)
現地代理人の調査及び見解を求める場合、その分の費用は発生します。

多くの場合は簡易調査で大体の概要はつかめます。
とともに、審査がどのように進行するかについては、
現地代理人の見解書では明言できません。
また、外国出願するような商標については、
多少リスクがあるからと言って簡単には代えられないものが
ほとんどと思われます。
その点で、商標調査をあまりにも厳格にしても、
その意味はあまりないように思われます。

調査結果をお返しし、出願事項についてご確認いただいた上で、
出願手続きに移行し、ご請求差し上げております。

その後登録までは早くて1年以内、遅い国だと数年待つことになります。
通知が出ましたら、遅滞なくご連絡いたします。

梅澤国際特許事務所について

その他事務所概要などの当事務所に取扱業務他様々な点については、
梅澤国際特許事務所の全体サイトをご覧ください。 
画像の説明 

知的財産経験20年、外国知財実務、英語による海外とのやりとり
に精通した専門の弁理士が対応いたします。
英語は、書面のみでなく口頭でのやり取りを
必要とする場合にも対応可能です。
ご相談は無料ですので、ご遠慮なくご相談ください。
丁寧、親切、そしてできるだけ素早い対応を心掛けております。
外国商標に関する費用は本ページ下の方に記載しています。

なお、本サイトは海外の商標登録について取り扱っておりますが、
梅澤国際特許事務所では、国内と外国の、特許・商標関連業務全般をお取り扱い
しておりますので、知的財産に関するあらゆるご相談をお受けしております。

外国商標登録の助成金・補助金(都道府県やジェトロなど)

助成金・補助金(都道府県やジェトロなど)についても
適宜対応しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
大体募集期間が短く、迅速対応が求められますので、
フットワーク軽く対応していきたいと思います。

基本は5月以降の募集で、その直前に告知がされます。
ご希望の方は、早めのご連絡をいただければと思います。

海外で商標登録するときの2つの出願登録方法

日本でのみ商標登録をしていても、その権利は外国では有効ではありません。
他の人・会社に先にその国で商標登録をされてしまったら、よほどの場合でないと、
その国で後から商標登録をすることはできなくなります。海外展開をする場合、
模造品対策などは商標権を行使する形で行われることが多いので、
海外での商標登録は必須となります。

外国へ商標出願する場合、
・マドリッドプロトコル
・直接出願

この2つのルートがあるとされています。本来の一般的なルートは直接出願です。
海外の代理人に直接依頼してそれぞれの国で商標登録出願する方法です。

国際商標登録・マドリッドプロトコル(マドプロ)とは

マドリッドプロトコルの最大の特徴は、日本の特許庁に出願書類を提出することにより、それぞれの国で大きな支障がない場合には、外国の代理人に手続きを依頼することなく商標登録をすることができるというものです。
言い換えると、外国代理人の分だけ、料金を節約できるということです。
そのため、多くの特許事務所でマドリッドプロトコルの手続きを勧めています。

しかしながら、国際事務局で徴収する金額が案外高いため、
国数が少ない場合は、直接出願の方が安くなります。
国数に応じて、どちらが安くなるか提案させていただきます。

料金の内訳は以下の通りとなります。

マドプロ (マドリッドプロトコル) 出願料金・費用

基本料金 5万円
+2万円×区分数
+国別加算額:通常2万円/国、米国4万円、欧州(CTM)4万円
(つまり、1か国1区分の場合は通常9万円)

設定登録のための別途の代理人費用は発生しません。

現地代理人手数料:なし
各官庁への手数料:実費(以下の通り)

各官庁への手数料

国際事務局手数料(CHF=110円で計算, 2017.4現在)
モノクロ 653CHF(=72000円)、カラーの場合903CHF
特許庁手数料
9000円

国別個別手数料(1区分の場合)
韓国 233CHF=25,630円
中国 249CHF=27,500円
米国 388CHF=42,680円
シンガポール  272CHF=30,000円
欧州(3区分まで同額)897CHF=99,000円

→概算はこちらです。

直接出願料金・費用

1区分の場合、1か国につき、総額10-15万円でお見積もり下さい。

詳しくは、台湾商標・香港商標・中国商標の直接出願へ。
インドネシア・シンガポール・マレーシアの商標登録出願へ。
(直接出願全般について上記国以外も含め説明しています)

マドプロ加盟国と非加盟国

マドリッドプロトコルを経由した出願ができない国(直接出願のみ):
=マドプロ非加盟国
台湾、香港、マカオ、カナダ、インドネシア、タイ、マレーシア、
ブルネイ、ミャンマー、ラオス

マドリッドプロトコルで出願可能な国(直接出願も対応します):
=マドプロ加盟国
中国、韓国、欧米主要国、中南米各国、オーストラリア、ニュージーランド、
インド、シンガポール、フィリピン、ベトナム、カンボジア、

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional