海外商標登録・外国出願のマドリッドプロトコル(マドプロ)対応の弁理士・国際特許事務所に無料相談、格安費用

外国商標出願費用の助成金・補助金(中小企業等外国出願支援事業)

外国出願助成金(中小企業等外国出願支援事業)

外国出願にかかる費用の半額が助成対象となります。
特許と商標が対象となります。当所では特許も商標も扱っていますが、
このサイトは外国商標登録に絞った内容としていますので、
外国商標出願の費用助成を中心に説明します。
ただし、流れとしては特許も商標も同じです。

外国商標登録をご依頼の場合、助成金の申請については
無料でご協力しております。
ただし、基本的には出願人自身の応募が必要であり、
弊所ではあくまでサポートとなる点につきご留意ください。

外国商標出願費用の助成金・補助金(中小企業等外国出願支援事業)

外国出願助成金の応募先は、以下の2つが挙げられます。

受付開始は、毎年東京都から始まるのですが、
2017年の東京都外国出願助成金の受け付けが始まりました。
ジェトロ他も6月毎には受付を開始する見込みです。

基本的にはほとんどすべての都道府県で取扱いをしています。
全都道府県のサイトを載せるのは冗長なので
省略していますが、詳しくはお問い合わせ下さい。
検索でも見つかると思います。

留意点

通常は6月には締め切りとなりますが、2次募集となることもあります。
募集開始してから受け付け終了まで期間が非常に短い割に、
記載要件について細かくチェックを受けるので、
急ぎの対応をする必要があります。
当所ではそのような緊急案件についても適切に対応いたします。

申請はご依頼者様本人がするということになっています。
ただし、代理人側でないと記載が難しい部分もあることから、
そのような内容についてはこちらで入力してメール送付いたします。
資本金などの、依頼者様側の情報の入力はこちらでできませんので、
必要な内容を足してからご提出いただければと思います。

また、見積書の記載事項が通常のものと若干異なります
もちろんこちらで適切に対応いたします。

特許の場合は通常はPCT出願を経由することが多いことから、
調査結果については国際調査報告を添付するのみである一方、
商標の場合は、そのようなものがないことから、
事前調査を別途行わなければなりません。
調査については、多くの国のデータベースにアクセスすることが
困難ではないことから、容易な国については無料でお引き受けいたします。
他の特許事務所では、通常はここで相応の費用が発生するはずです。

通常は、承認が下りてからの手続き開始となります。
(東京都は先に進めてもよいそうです)
審査は2-3か月かかります。
お金については、いったん全額当所にお支払いの後、
その半額が、都道府県またはジェトロから支払われるという流れになります。

助成対象は出願費用のみです。
中間処理費用、登録費用については助成対象とならない点ご了解ください。

詳しくはお問い合わせ下さい。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional