国内・外国特許出願・申請と商標登録の東京都新宿の国際特許事務所、電気・電子・光学・ソフトウェアに強い弁理士

商標登録出願してから登録手続までは6ヶ月が目安

商標登録出願してから登録手続までは6ヶ月が目安

商標の出願登録の手続きについて、
登記の手続きと同様に考えられている方が
多いような気がします。ネット検索する限り、
登記手続きをしてから登記されるまでの期間は
10日程度のようなので、そのくらいで登録されるだろう、
と見立てている人が多い印象です。

商標登録出願については、出願後は方式審査を経てから、
審査待ちとなります。審査というのは、先に登録に
なっている似たものがないか、そもそも登録に
なじまない商標だったりしないか、というものを
審査官が調べて確認する作業です。

まあ実際のところ、やり始めれば10日以内で
できるんじゃないの?とは思われるのですが、
その前に特許庁の審査待ち書類の列に溜められます。
その期間が半年程度となってしまうのです。

この待ち期間の長さは、滞貨の量にも左右されるので、
一時期は半年ではなく4か月程度で審査結果が
出てきていました。しかしここのところまた待ち期間が
長くなってきているようです。やはり6ヶ月
見ておくのが妥当ではないかと考えます。

まず依頼をすると調査を経て出願、で費用請求となります。
そして、審査結果が出て通常は登録なので、
その段階で登録費用の支払い、という2段階の流れになります。
その期間は半年で見るようにしてください。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional