国内・外国特許出願・申請と商標登録の東京都新宿の国際特許事務所、電気・電子・光学・ソフトウェアに強い弁理士

実用新案登録できるものは意匠登録もできる

実用新案登録できるものは意匠登録もできる

大体実用新案登録を受けたいと考えられる方は、
特許は難しいかも、というところから実用新案を
考えるのですが、その場合は意匠登録を考えるのも
1つの手だと考えます。

その辺の話は、

実用新案は特許と違って費用の無駄

実用新案登録が無意味な理由と、安く効果的にする方法

という記事でもまとめているのですが、
法的な根拠についておさらいします。

実用新案法と意匠法の比較

実用新案登録も意匠登録も、「新規性」は必要です。
実用新案登録の場合は特許同様の「進歩性」、
意匠登録の場合は「創作非容易性」が求められますが、
まあ大まかには似たような概念です。

審査の俎上に載せたとき、あと他に何がポイントとなるかというと、
保護対象の問題です。具体的には、

  • 実用新案(考案)は、物品の形状、構造又は組合せ
  • 意匠は、物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であつて、
    視覚を通じて美感を起こさせるもの

これが対象となります。

物品であって形状を有するものは、両方の保護範囲内に含まれるのです。

実用新案法と意匠法の違い

何が違うかっていうと、
実用新案(考案)は、物品の形状を言葉によって定義し、
意匠は物品の形状を図面または写真によって定義する、
という点でしょう。

したがって審査や抵触判断の際は、
実用新案登録については、言葉で定義された範囲を基準に権利範囲を判断し、
登録意匠については、図面や写真の記載内容を基準に権利範囲を判断します。

傾向として、言葉で定義する実用新案の場合は、
範囲を広く定義することが可能であり、その分、
先行技術との特徴点を言葉で明確に差別化する必要があります。
きちんと差別化されない場合、実用新案技術評価を請求して、
審査結果が出た段階で、先行技術と差が出なくなります。
つまり権利の意味がなくなります。

意匠の場合、見た通りの内容で似ているか似ていないかなので、
通常の場合は、そのまま登録となることが多い一方で、
権利行使の場合に外観のごく一部の違いを
相手から主張される場合があります。

以上なのですが、実用新案の場合は、技術評価をするくらいなら、
最初から特許出願して審査すればよい訳で、
その自信がないから実用新案なのです。
なのでいざという時に使い物にならない可能性が非常に高いです。

意匠の場合は、少なくともデッドコピーは間違いなく封じることができます。
どの辺までかというのは変形の仕方次第ですが、見た目が似ていれば
主張の余地はありますし、権利行使上の制約はありません。

こう見ていくと、特許がなんだかんだで一番強いのですが、
意匠も侮れませんし、実用新案が一番駄目だなと
そういう風に考えております。

詳しくは、意匠登録出願意匠登録とは、へ。
またはお問い合わせください。

メルマガ登録

メールマガジン
「特許・商標についてのちょっとした話とアドバイス」
を発行しています。(→詳しい説明は「メルマガ登録」)
知的財産に関する目から鱗になればよいなという情報を
順次配信していきますので、よかったら登録をお願いします。

お名前 メールアドレス

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional