国内・外国特許出願・申請と商標登録の東京都新宿の国際特許事務所、電気・電子・光学・ソフトウェアに強い弁理士

外国特許出願の流れと費用のまとめ

外国特許出願の流れと費用のまとめ

外国特許出願関連記事を費用面や流れなどについて
ばらばらに記載してきて拡散してきたので、
整理してどこを読めばいいか多少わかるようにしました。

ディレクトリを2系統にしてしまったことで
ちょっと複雑化してしまったので、ここに一覧を載せます。

  • 外国特許出願  ご依頼と流れ全般についてはここで説明しています。
  • 外国出願料金  その中でも特に費用全般について説明しています。

他にもコラム的な記事は随時増やしていっていますが、
出願段階で多く問われる、流れ的な話と費用・料金
については複雑ではありますが、
これで一応まとまった感じにはなっています。

外国特許出願はある程度価格を下げても品質との相関性は薄い

特許事務所も価格競争が進んできましたので、
昔よりも手ごろな費用で米国などの外国での特許を
取得できるようになってきています。
安いところに注意、等という話はありますが、
安くできるものは安くした方がよいです。

少なくとも当所の場合は、価格は下げていますが、
それで品質も下げるということはありません
企業知財出身ですので、抑えるべきポイントは把握しています

出願時費用は、翻訳コストと現地代理人費用を削減すれば
後は国内の代理人費用だけです。出願費用を下げる
というのはそんなに難しいことではありません
安いとこと高いとこでは内容は変わらないのに
料金は倍くらい違ったりするので、
不安に駆られずにある程度安いところに発注
した方がよいのではないかと思われます。

海外特許出願をした後の登録までの費用

さて、外国出願をしたのはよいのですが、
それで直ちに特許になるわけではありません。
審査対応と、特許権の設定登録があります。

  • 米国特許取得に必要な7つの費用
    審査対応でうまくいかないと、そこで費用が掛かってしまいます。
    審査対応、すなわちオフィスアクションの対応費用が
    結構かさんでしまう点に注意です。
    出願したままで一発で特許になることはほとんどない
    と考えてください。
    日本で特許になっていたとしても、外国では権利範囲の
    見方が違っていたりするので、どうしても補正対応が
    必要になってきます。
  • 米国欧州特許のオフィスアクション応答費用は$1200程度
    一番費用がかさみがちなオフィスアクション費用について
    インタビュー込の金額を説明しています。
    では最終的にいくらくらいか?というのは多くの特許事務所で
    教えてもらえないのではないでしょうか。
    一応当所では、概算として以下の金額を出しています。

審査段階で現地代理人の費用を抑えても品質を維持できる

以上説明したように、出願時だけでなく審査段階でも
現地代理人の費用を抑えるということが重要になります。
もちろん、意に沿わない審査対応をしてしまうようでは
元も子もありませんので、優秀な代理人でなくては
なりません。このように、現地代理人の選定というのは、
外国出願を受任するうえで重要な要素ですが、
案外ないがしろにされています。

当所ではその点適切な米国・欧州代理人を選定しており、
既にいくつもの案件を特許のしております。
基本的に全件インタビュー(審査官との話し合い)
を通しているのですが、審査対応費用を含めても、
現地代理人費用は格安に抑えております。
米国を例に挙げていますが、欧州も同様です。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional