国内・外国特許出願・申請と商標登録の東京都新宿の国際特許事務所、電気・電子・光学・ソフトウェアに強い弁理士

アナリシスが弱い結果広くなったクレームと、意識して広げたクレームは別物

アナリシスが弱い結果広くなったクレームと、意識して広げたクレームは別物

特許請求の範囲はどのくらい広く記載するか、については
弁理士としていくらでも議論の尽きない話題です。

自分だけで特許出願明細書を書いている限り、
人が書いた明細書とは比較しないのですが、
関連案件が先願であったり、
既に特許出願された案件の中途移管などが出てくると
他の人が書いた明細書を読むことになります。
そんな時に出願当初の請求項、クレームを見ると、
いわゆる広いクレームを目にすることがあります。

請求項に余計な構成要件があると、そこで侵害回避をされる
訳ですから、クレームを広くするほうが良いというのは
セオリーとして一応王道ではあります。
特に中間処理の段階で権利範囲を限定していく前の始めの
段階としてはできるだけ権利範囲を広くしておく、
というのは理にはかなっています。

ただ、請求項は広くしても、明細書の中身では内容面で
手当てしておく必要があります。つまり、実際の限定事項は
明細書中に丁寧に書いていく必要があります。
請求項を広くしても、発明の実施の形態が曖昧ではダメです。
特許にはそう言う2面性があります。
広いクレームは先行技術を引用される可能性が高まりますから、
その時の限定余地を確保しておいてこその広いクレームです。
これも今更ですが、一応話の前提です。

では明細書中に必要な限定事項が細かく書かれていれば、
クレームはいくら広くてもよいのかと言うと、
それで審査をしてしまったらもういくらでも文献を
引用することができてしまうのですね。

1回くらいは拒絶理由通知を覚悟するとは言いますが、
明らかに拒絶理由が残ったままで出願するのは
どうなのかなと思います。
中には、それは先行技術とどう違うのですか?
というクレームが散見されたりもします。
そういうナンセンスに広いクレームというのは、
先行技術のことを想定せず、ただ技術内容のみを
列挙したもののように思われます。

そういう場合というのは、明細書の中を読んでも、
必要な限定事項を網羅していないように思います。
想定した先行技術とどう違うかと考えていたら
そういうクレームを作成することにはならないと
思いますので、その結果は明細書中にも
自ずと反映されてしまうわけです。
ノルマ達成なのでしょうか。
中身のない特許出願ができあがります。
アナリシスが弱い結果クレームが広くなる訳です。

ちゃんと考えて意識して広げたクレームというのは見れば
わかるのですが、一般の人には当然わからないですよね。
出願時のクレームはあまり考えなくてもよいと
言う人もいますが、それは違うんじゃないかと思っています。
その結果が表題の違いに現れるのですね。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional