格安海外・外国特許出願・申請(米国欧州中国)の弁理士、国際特許事務所

外国特許の出願から取得まで、米国は100万円、欧州は200万円が目安

外国特許の出願から取得まで、米国は100万円、欧州は200万円

海外・外国特許取得にかかる費用は、出願申請だけで終わりではありません。
出願後の審査対応手続や、設定登録まで様々な手続き、
そしてその結果としての費用が掛かります。
しかし、その内訳は分かりにくいです。

その上、外国出願ほど特許事務所間の費用のばらつきが大きい手続きもありません。
それで例えばうちは格安ですとか、30%OFFです、とか言われても
何を基準にそう言えるのかというのは分からないですよね。
国内代理人費用だけ出されても、それは費用のごく一部です。


特に、出願申請費用・料金だけだと安そうに見えたとしても、
気になるのはトータルでどのくらいの費用になるのか、
ということです。弊所では概算値として、

  • 米国は100万円、欧州は200万円と見積もっています。
    正確な内訳は細かい作業が必要ですのでご容赦ください。

外国特許出願のみの総費用は

逆に出願段階での総費用は?というと、

  • 出願料金は、米国アメリカで50-60万円(翻訳費用込)
  • 欧州ヨーロッパで80万円程度(翻訳費用除く)

を見ておけばよいと思います。
ここは見積もりを出せる部分ですので、100万円を大きく超えてくる
ようだと、これちょっと高いんじゃないかとなると思います。

外国特許の出願から取得までの費用の内訳

出願からの総合計料金の内訳についてですが、

  • そして登録費用です。
  • IDSが発生した場合には提出費用も含まれます。

ヨーロッパの方が、各種手続き費用と年金費用が発生するので、
いろいろ複雑になってきます。細かく計算するのは
大変なので断念していますが、欧州の代理人によると、
現地費用合計で約150万円ということでした。
日本の代理人費用と合算すると約200万円と当所では試算しています。
→ 欧州特許出願の費用

なお、分量により翻訳費用が大きく変わります。
そしてオフィスアクションが少なく済めばよいですが、
応答が大変な出願だと目論見通り行きません。

powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional